この記事で紹介すること

今回ご紹介するのは、マンガ「東京グール」の記念すべき第1巻への海外の反応です。

人気作品のためご存知の方も多いかと思いますが、念のため概要について説明いたします。

石田スイのデビュー作。現代の東京を舞台に、人の姿をしながら人肉を喰らうことで生きる「喰種」(グール)をテーマにした作品。コンセプトはダーク・ファンタジーとなっているが、サイエンス・ファンタジーの要素もある。2018年7月の時点で全世界シリーズ累計発行部数は3500万部以上。

2019年夏には実写映画の続編が劇場公開予定。

出典:

 

残念ながら完結してしまいましたが、世界でも人気のある作品のようで、マンガやアニメ、コスプレをする人もたくさんいらっしゃるようです。

そんな作品に対する海外の反応は如何に!?

海外の反応

  • 東京グールシリーズを全て読み、東京グールREを読んでいます。この作品と作者に出会えたことことを幸運に思います。この作品は本当に素晴らしいと思います。伏線の張り方が本当にうまい。お勧めできます。
  • 概要:東京には、人間とグールと呼ばれる種が共存しています。大学生のカネキケンがグールと出会うことから話は始まります。彼は人間からグールになります。グールとして、縄張り争いや食肉への渇望、社会から孤立していきます。
  • レビューを読んで、この本を手にしたけれど、本当に良かったよ。
    アクションや吸血鬼が好きなら、大丈夫です。残虐なシーンがクローズアップされてはいません。
  • この作品が好きです。
  • 読み始めたら止まりません。
  • 悲劇やホラーが好きなら、この作品はお勧めできます。
  • 石田スイによる素晴らしいシリーズです。登場人物をタロット等を用いて暗示したり、花を使って象徴しています。カフカのようです。新刊を心待ちにしています。この著者とこのシリーズに注目してください。あなたを失望させることはありません。
  • 漫画を長く愛する者として、この作品は買うに値するものでした。東京グールは石田スイによる、主人公の大学生に降りかかる複雑で悲劇的な素晴らしい作品です。ストーリーが進むにつれ、あなたは驚愕すると思います。私はこの作品を二度読み直し、さらにもう一度読んでみようと思っています。あなたにお勧めします。
  • 半分が人間でもう半分がグールである主人公がこの世界でどのように生きるのか楽しみです。
  • この作品を買うべきでしょうか?答えはもちろんYes。東京グールは、私が読んだ中で最もお勧めできます。特に、続編である東京グールREは。
  • この作品は素晴らしいし、読む価値があると思います。誰にでもお勧めできます。
  • 私はこの作品が好きです。新刊で何が起こるか楽しみです。
  • 人気作になる気がします。
  • この作品は私が始めて読んだマンガでした。このシリーズはおすすめです。
  • 11歳の娘のために購入しました。楽しんで読んでいますよ。
  • 私が読んだマンガの中で最も暗いマンガの1つですが、ストーリーは面白いし惹きこまれると思います。
  • 10歳の娘のために購入し、彼女は1日で読んでしまいました。彼女は読書が苦手なのに、びっくりでした。残りのシリーズも買います。
  • 日本語版を読んで以来、英語版の発売を待ち望んでいました。新刊の翻訳が待ち遠しいです。

 

最後に

この作品は、全体を通して悲劇的な要素が多いため、アメコミのイメージとは全く異なっていますが、海外でも受け入れられていましたね。

機会があれば続編の紹介もしたいと思います。

翻訳元:

Read more
おすすめの記事