この記事で紹介すること

今回紹介するのは、「日本式の幸福-生きがい」と際されたyoutubeの動画投稿に対するコメントです。

その動画では、以下のようなことが述べられています。

誰もが幸せになりたいのですが、達成不可能な目標のように思えます。
私たちはお金を稼ぐことに集中すべきですか?
私たちは自分の情熱を追求することに集中すべきですか?
あるいは私たちは僧侶になるべきですか?
幸いなことに、日本人は答えを持っています。
彼らは「イキガイ」と呼んでいます。

多くの日本人はちょっと古臭いイメージを持つでしょうが、海外の反応はどのようなものでしょうか?

 

海外の反応

  • 日本人の自殺率が高いことに納得だよ
  • 「簡単な人生を願うな。困難な人生を耐え抜く強さを願え!」byブルース・リー
  • 日本人は「生きがい」という概念を持っているけど、実践できているか興味深いね。日本は美しい場所だけど、人口問題から働き方に至るまで課題が山積しているよ。
  • 幸福なんて、エリートが私たちに夢を売るために作られた偽の概念だよ。
  • 日本社会はうつ病が蔓延している・・・
  • 日本人はアニメを作ることで生きがいを獲得するんだ
  • 生活のための収入
  • 嬉しいときも悲しいときもあるよ
  • 幸せになるためにお金は必要ないよ。だけどお金は不幸になる多くのものを取り除いてくれるよ。
  • 現代的な問題を他の文化がどのように解決するのか面白いね。
  • 自分を幸せにする方法を知っているの?海辺に腰掛けて夕日を眺めながらグラスでお酒をみると私は幸せ。
  • 最も自殺率の高い国の幸福から学ぶだって?デンマークの「hygge」の方が良いと思うよ。
  • 日本人の30歳未満の一部は、生活を諦めて、親元で暮らし、一日中ゲームをしてるよ。
  • 私は日本人だけど、「生きがい」とは日々を大切にすることであり、そんなに難しい話ではないと思う。「好きなことをする」みたいな意味かしら。
  • 日本人です。日本は自殺率は高いし、幸福度も低い。
  • 仏教式の幸福を見てください。幸福はあなたが満たされたときにやってくるし、満足するための唯一の方法は多くを望まないことです。
  • 私は認知症の方の世話をする仕事をしています。私には世界を変えることは出来ないけれど、彼らの世界を変えています。私は仕事が好きです。私は自分の幸せを見つけました。
  • ただ神に祈りなさい。
  • 私には理にかなっていて面白いコンセプトね。残念ながら、日本人は死ぬまで働くし、いつも笑っている。彼らが幸せだとは思わないわ。
  • 人は自分の欲求を満たすために色々なことをします。それが仕事で満たされると考えるなら、愚かなことです。人生は単純ではありません。私のアドバイスは、あなたの仕事はあなた自身ではないということ。お金を得るための手段にすぎません。自由時間をどう過ごすかが重要です。
  • 日本は、大和民族が99%を占める島国で、強い連帯感を持ち、相互に尊重しあう、世界で最も犯罪率が低い国です。多文化主義が失敗であることは日本が証明しています。

 

最後に

「生きがい」ということばが外国人にとって新鮮に映るように、私はデンマークの「hygge」や仏教の考え方に興味を持ちました。

 

この「ヒュッゲ」とは、デンマークやノルウェーで用いられる概念で、直訳すると「居心地の良い気分」みたいな意味のようです。

言い換えれば、幸福をお金や物という客観的・物理的な尺度ではなく、「気分」という主観的・個人的に捉えるという考え方ということでしょうか。

日本でも受け入れられそうな考え方ですね。

 

ちなみに、ヒュッゲという言葉は日本に紹介されてからまだ日が浅いようことがわかりました。

いくつかわかりやすい解説がありそうなので、興味がある方は検索してみてください。

おすすめの記事