この記事で紹介すること

今回ご紹介するのは、海外で人気がある日本の「入浴剤」です。

欧米はシャワーの文化というイメージがありますが、日本の風呂文化の産物である入浴剤に対する反応はどうなのでしょうか。

取り上げるのは、クラシエが発売する「旅の宿 にごり湯シリーズパック 十和田・奥飛騨・霧島×各3包 信州白骨×4包 [医薬部外品]」に対する海外の反応です。

ドラックストアにいくと、置いてありそうな商品ですね。

さて、海外の反応は如何に!?

 

海外の反応

  • 香りが強いが良いね。色は黄色・緑・青・白があって、温泉に入っているような気がするよ。肌にも残らないよ。 (US)
  • オーマイガー!とっても好きです。香りは本当に美しいし、各パックごとに感じ方や香りも異なってるわ。このセットは本当に好き。お風呂でリラックスしたい人には本当にお勧め。 (US)
  • お風呂を本当に素晴らしいものにしてくれる。香りがきつ過ぎるかもしれないけど、私は気にならなかったわ。お風呂好きなら買うべきだと思う。違う種類も買ってみようと思うわ。 (US)
  • 星3つかな。香りが好きになれなかったからね。LUSHのような香りだと思っていたの。LUSHのバスボムのような香りが好きなら止めたほうが良いわね。 (US)
  • これが好きで10個も買いました。男女問わず香りがとてもいいですね。 (US)
  • この商品が本当に好き。私は匂いに敏感だから、花の香りが含まれていたのは好きではなかったわ。私の肌が白くなり、体はリラックスできたし、風呂好きとしてはお勧めね。 (US)
  • この入浴剤は日本の有名な4箇所の温泉に似せていて、温泉にいるような気分にさせてくれます。奥飛騨温泉3個(ホワイトエメラルドグリーンの風呂水と花と森の香り) 白骨温泉4個(ミルキーホワイト風呂の水と日本のキプロスの香り) 十和田温泉3個(ミルキーグレーがかった風呂水やハーブの香り) 霧島温泉3個(ライトブルーの水と花の庭の香り) (UK)
  • アメージングでリラックスできるわ。 (UK)
  • バスボムと変えてみたら香りが素晴らしいわね。お勧めよ。 (UK)
  • リラックスできて、水を白やパステルカラーに変えてくれて肌を刺激しないわ。 (UK)
  • これを愛用しているわ。香りは弱すぎず強すぎず。お湯を可愛い色にしてくれて、本当にリラックスできるわよ。 (UK)
  • 包装も美しく、個別包装になっています。それぞれ適切なサイズでお風呂が本当に美しく香ります。何の香りかわかりませんが、暖かい春のような気分になります。 (UK)
  • 日本のお風呂に興味のある人にお勧めします。 (UK)
  • 全ての種類を試していないけれど、1つ試したらとても心が落ち着き、肌に優しいものだったわ。また買おうと思うわ。 (UK)

 

最後に

調べてみると、愛好家が一定数おり、日本の入浴剤も根強い人気があるようでした。

思い返せば、阿部寛さんが主演した映画「テルマエ・ロマエ」でローマ人の風呂好きっぷりを熱演されていました(映画館でⅠ・Ⅱを見ました)。

日本でも通用するようになった「スパ」(療養温泉の意)は、ローマ時代から存在したベルギーのスパという都市の名前が由来だそうです(wikipediaより・・・)。

とはいえ、香りなどの好みは違いそうなので、外国人に入浴剤をプレゼントされるなら、香りが弱めのものをセレクトすると喜ばれるのかもしれませんね。

 

ちなみに、上記の商品の価格をざっくり調べてみたところ、日本での価格は600円程度ですが、アメリカでは1,200円程度、イギリスでは1,400円程度とのことでした(執筆時点)。

これは・・・、もしかして海外輸出してみるとがっちりマンデー?

おすすめの記事